ネティア
カーテンシェード&スタイルカーテンカーテンレールブラインドスクリーンラグマット&カーペット
オーダーカーテン、各種インテリア製品取扱のネティア全国送料無料にて販売中!
ホーム 商品 測り方・取付け方 お買物ガイド お客様の声 リンク集 生地見本カゴ 買物カゴ
■特定商取引はこちら
カーテン シェード&スタイルカーテン カーテンレール ブラインド スクリーン
ラグマット&カーペット インテリアタイル&パネル ガラスフィルム&カッティングシート 床シート ファニチャー&その他
必ずご確認ください!
カーテン
シェード
カーテンレール
ブラインド
スクリーン
ラグマット
下地について
わかりやすいカーテン選びのコツ
バナー
相互リンク募集中!
 
シェード商品説明
各部の名称測り方取付け方操作タイプ
各部の名称  
各部の名称コード式 各部の名称ドラム式
プレーム フレームキャップ コードジョイント ウエイトバー
取付けブラケット 昇降コード 操作コード ポールチェーン
測り方  
窓枠を覆う場合(正面付け)
製品サイズは、幅、高さとも窓枠の外側実寸法を製品サイズとしてご指定下さい。
※製品の高さ寸法は1cm単位でお受け致しますが、製品高さ寸法は最大2cm程度の誤差が生じる場合がありますのでご了承下さい。
窓枠の内側に取付ける場合(天井付け)
製品サイズは、幅、高さとも窓枠の内側実寸法から1cm程差し引いて指定してください。
※製品の高さ寸法は1cm単位でお受け致しますが、製品高さ寸法は最大2cm程度の誤差が生じる場合がありますのでご了承下さい。
取付け高さ
コード式、チェーン式などの操作タイプは、床面からシェードの取付け位置までの高さを測る必要があります。これは操作タイプの長さを決めるためのものなので正確に測って下さい。
取付け方 ※これは一例です。詳細はご購入商品の取扱い説明書をご覧下さい。
ブラケットの取付け
ブラケットの取付け位置を決め、ビス止めしてください。
  窓枠天井付けの場合   窓枠正面付けの場合  
製品の取付け
生地は、たたみ上げたままの状態にしておきます。取付けブラケットの手前のツメに、ヘッドボックスのツメを引っ掛けて、ヘッドボックスの奥をカチッと音がするまで確実に押し上げて下さい。
天井付けの場合
正面付けの場合
下地について
取付けが不十分だと場合によっては落下する恐れがあり、ケガのもとになりかねませんので、下地の部分に取付ける事をお勧めします。
カーテンレールへの取付け
カーテンレールに取付ける場合は、ブラケットにレールビスを取り付けて固定してください。
レールビスを右図のように組み込み、カーテンレール端部よりスライドさせ位置を決め、ドライバーで固定します。
製品の取外し
生地をたたみ上げた状態にします。製品を手で支えた状態でブラケットのスライドブロックを押し、ヘッドボックスを少し持ち上げるように取外してください。

※危険防止のため製品自体が落下しないように製品を手で押さえながら作業してください。また、生地部分を引っ張ると破損することがありますのでご注意下さい。
操作タイプ ※これは一例です。詳細はご購入商品の取扱い説明書をご覧下さい。
チェーン式 軽い操作性。比較的大きな窓やテラス窓に最適です!
●降ろす時
手前(室内側)のチェーンを少し下に引き、手を緩めると生地がゆっくり下がります。途中で止めたい場合は、再び手前(室内側)のチェーンを少し引くと、生地が少し下がって止まります。

※チェーン式には速度調整装置を組み込んでいるので、チェーンから手を放してもゆっくり安全に下がります。


●上げる時
手前(室内側)のチェーンを下に引くと生地が上がります。手を放すと、生地が少し下がって止まります。
コード式 スピーディーな操作で腰窓や小窓にオススメ
  ●降ろす時
操作コードを少し下に引き、手を緩めると生地が下がります。途中で止めたい場合は、再び操作コードを少し引くと、生地が少し下がって止まります。

●上げる時
操作コードを下に引くと生地が上がります。一番下まで降りている生地を上げて、途中で止めたい場合は、引いている手を離すと生地が少し下がって止まります。途中で止まっている生地を上げて、さらに途中で止めたい場合は、引いている手をいったん緩めてから下に引くと生地が少し下がって止まります。
操作位置
室内側から見てチェーン・コードの左操作・右操作をご指定下さい。
●左操作 ●右操作  
   
 (C)2004 NETIOR ALL RIGHT RESERVED .
特定商取引 会社概要 お問合わせ